シマムラヒカリさんの子鹿の一輪挿しに

一輪挿しのフラワーベース、

きっとお家に、1個、2個お持ちではないでしょうか。


こう暑いと、切り花も長持ちしません。

涼しい部屋の中で一定の温度に保たれているとしても、

エアコンの風や、暑すぎる外気温の影響で、

花はぐったりです。


こういう時は、一輪挿しに数本の花をいけるスタイルがオススメです。


たくさんのお花をいけるより、

数本の花の方が、

水も濁りにくく、茎や葉が蒸れることもないですね。


私が今気に入っている一輪挿しは、

陶芸家シマムラヒカリさんのアニマルシルエットのもの。

花をいける口のところが子鹿のシルエットになっています。


昨年、丸の内のIDEE SHOPで見つけました。

子鹿のほか、ゾウやキリンもいましたよ〜

コロンと丸い球形なので、

花留めがちょっと難しい・・・ところですが、

子鹿の足やお腹のところを上手く使って、

茎を止めていくようにデザインされていんです。


これでしたら、

花留めに何か別のものを使う必要がなく、

きれいにまとまります。


植物から子鹿が見え隠れしているようなイメージで。


庭の小さな白いダリアと、

ワイルドストロベリーを入れました。


ガーデニング誌『BISES 盛夏号』でご紹介しました。 

0コメント

  • 1000 / 1000