コロンとしたかわいい一輪挿しに似合う花選びと生け方。

先日ご紹介したシマムラヒカリさんの一輪挿し。

真上から見ると、

子鹿が可愛らしいデザインです。


それでは横から見たらどうなっているかと言いますと、

見事にまん丸なのです。


コロンと転がってしまいそうですが、

もちろん、安定感はバッチリ。


このまん丸なフォルムにはどんな花が似合うかと、

あれこれ考えました。

花の大きさ、

茎の長さ、

花の色、

花の本数、


とにかく小さな器ですから、

最小限の花数で、

形の特徴を生かし、

子鹿のイメージに合うように可愛らしく。


存在感があって、1〜2輪でも主役となれる花。

小さいながらボリューム感のある器に負けない花。

(可憐すぎない^^;)


ということで、

小輪の白いガーデンダリアを選びました。

少し変化をつけるために、

ワイルドストロベリーの葉と小さな白い花を合わせて、

アクセントにしました。

横か見ても、

真上から見ても可愛く見えるように、

茎は短く、

コロンとした器にコロンとした花の組み合わせで。


子鹿が花の間から見え隠れするイメージです。


秋はどんな花が似合うでしょう。

また色々考えるのが楽しみです。




0コメント

  • 1000 / 1000