紫式部をひと枝。


昨日の文化の日は良いお天気に恵まれて、

日中は暖かな陽気でした。

今日も良いお天気!


庭はだんだんと花色が少なくなり、

紅葉色を目にするようになってきました。

その中で、ひっそりと、でもよく見ると美しい紫色の実の植物があります。


紫式部は、

名前の通り、きれいな紫色の小さな実を枝にたくさん付けています。

ブルーベリーの実の紫色とは違い、

とっても艶やかなんですよね。

自然界にあって、この色はなんとも言えない美しさ〜


江戸時代初期、「ミムラサキ」「タマムラサキ」と呼ばれていたこの植物を、

植木屋さんが,

あの紫式部にあやかって「紫式部」と名付けたと言う説があるそう。

この色と、この風情、

そしてこの名前が付いていると、

もうすっかり雅な世界ですよね^^


あんGARDEN

犬とハーブと庭摘みの花。黒柴あんとのボタニカルライフ。

0コメント

  • 1000 / 1000