ターシャが好きだったプリムラ

プリムラという花があります。

たくさんの仲間がありますが、

よく園芸店で見かけるのは、「プリムラ・ジュリアン」という品種でしょうか。


ジュリアンは、

草丈が短く、花が真ん中に集まって、

株がラウンドのブーケのようになっています。

いろいろな色があるので、

ビオラや他の花と寄せ植えにするときに、

カラーコーディネートの幅が広がります。

寒いこの季節によく咲いていて、

ぐっと目を引きます。

プリムラは、あのターシャ・テューダーが好きだった花でもあります。

ほぉ〜ターシャがプリムラを・・・

私は、なんかちょっと意外な感じがするのですが。


ターシャは、ウェルシュ・コーギー協会とプリムラの会に所属していました。

毎年、種のリストを入手して、

秋にはたくさんのプリムラの種を蒔いて栽培したのだそうです。


春には、鉢植えのプリムラを寝室の窓辺に置き、

「毎朝、コーギンとプリムラのために目をさますのよ」と。


ターシャが好きだったのは、

プリムラの中でも、「オーリキュラ」という品種で、

特に、「黄色で中心がグレーのもの。

真ん中にファリナ(ろう質の粉)のついているオーリキュラ」

がお気に入りだったそうです。


『ターシャ・テューダーのガーデン』より〜


黄色のオーリキュラ、

どんな花なのかな〜ととても興味を持ちました。

どこかでお目にかかれたらいいな〜

0コメント

  • 1000 / 1000