カラフルチューリップとストックの花束。少なめの水で、花瓶の水はいつも清潔に。

日ごとに春めいていくような今日この頃です。


切り花のチューリップは、最盛期。

そろそろラストスパートに入るといったところでしょうか。

リレー式にいろいろな品種が市場に出てきますので、

チューリップは長〜い期間楽しませてくれます。

これからは、1月2月頃とはまた違う品種のチューリップを見かけそうです。

それも楽しみです。


そして、庭に植えたチューリップも、

ようやく土から花芽が顔を出してきました。

もっと暖かい日が多くなってくると、

一気に伸びて綺麗な花を咲かせると思います〜


2月の花教室Petit Salon MILOUでは、

チューリップのブーケがテーマでした。

3月は、花束をもらったり贈ったりする機会が多いですね。

いただいた花束を生ける場合は、

まず、ラッピングペーパーやリボンをほどいて、

できれば、茎をほんの少し(1cmほど)だけカット(切り戻し)します。

花瓶の水はあまりたっぷりでなくても大丈夫。

チューリップは少しの水でOK。

そして例えば、

ストックのような花は、

茎がぬめりやすいので、

少なめの水の方が茎が腐りにくいです。


少ない水の場合は、

茎の長さが揃っているかチェックしておきましょう。

(時々、短い茎の花が水をもらえないこともあったりするので^^;)

水に浸かる部分の葉っぱは取り除きます。

葉っぱが痛んでくると、

水濁りの原因になります〜

もちろん、1日に1回は水換えをして清潔に。

チューリップもストックもとても長持ちです。

カラフルなチューリップをもう少しの間楽しみたいですね〜

0コメント

  • 1000 / 1000