ビオラの花がら摘みをすると、いっぱい咲く!!

ここ数日は冬に逆戻り〜

朝晩寒いですねー。

日中の陽射しは暖かいですから、

確実に春はそこまで来ています〜


花の勢いが少しずつ増してきています。

春本番を迎えるにあたって、

今のうちにパンジーやビオラの花がら摘みをしておきましょう。

花がら摘みは、摘芯、切り戻しと言う作業とは違ってずっとカンタン。

ハサミいらずで、

咲き終わった花を取り除くだけです。

(花のところだけで大丈夫)

お水やりをしながらできます〜


花はそのまま放っておくと、種をつけます。

シーズン最終の頃は、

種が自然に爆ぜるまでおくこともありますが、

(知らないうちに爆ぜてる〜)

まだこれから最盛期を迎えるので、

養分をとられないようにします。

もちろん咲き終わったカサカサの花を取り除いた方が、

見た目も綺麗ですし。


これからモリモリになることも見込んで、

風通し良く、すっきりと整えてあげると、

どんどん花を咲かせます。

花がら摘みをするのとしないのと、

結構違いが出ますので、

ぜひお手入れをしてあげてください〜

花がら摘みをしたついでに、

だいぶモリモリになっていたので、

咲いている花も少しカットしました。

(この場合は茎つきで)

コップに入れて、テーブルに飾りましょ。

0コメント

  • 1000 / 1000