Vol.58 「花とおやつのテーブル」お彼岸の中日はぼたもちで。

せっかくなので、おやつのテーブルに旬の花をちょこっと。


「入り団子、中日ぼたもち、明け団子」

お彼岸のお供えものです。

そう、あくまでもお供えのためのスイーツですが、

「わーい、お彼岸だからぼたもち食べなくちゃ〜」という気持ちが強くて^^;

お彼岸にぼたもちをお供えするのには

ちゃんと理由があるのですよね。

魔除けの赤い小豆と、

貴重な砂糖を使った贅沢なお菓子。

これをご先祖様にお供えをして、邪気払いをする。


小豆の収穫は秋なので、

秋のお彼岸のおはぎは皮も柔らかいつぶあんで、

春のお彼岸のぼたもちは皮が固くなるのでこしあんにして。

さらに、

ぼたもちの由来の牡丹の花は大輪なので、

ぼたもちも大きめの丸型。

おはぎの方は、萩が小さな花なので、

小ぶりの楕円形に整えるそうです。

牡丹の花と、萩の花が名前に採用されたのは、

ともに、小豆の赤い色に似ているから。

ほ〜う、ぼたもちの中に、いろいろなことが詰まっていますね。

昨日は、彼岸の中日。

とても可愛いぼたもちを見つけました。


浜松のうなぎパイの春華堂さんが運営する「ニコエ」というお菓子工房。

お菓子の実演を見ることができたり、

注文するとその場で、

どら焼きを焼いてくれたり、

五穀のお饅頭をふかしてくれたりします。


そこで、五穀のぼたもちを買いました。

とても小さな手毬型のぼたもち。

3種類で、どれも五穀を使ったものです。

少し甘めなあんのぼたもちでした。

0コメント

  • 1000 / 1000