水無月をいただく日

今日で6月も終わりです。

むしむしと蒸し暑く、

梅雨真っ只中という日でした。


6月30日は、夏越の祓の日です。

半年分のけがれを落とすのと、

この後、半年の健康と厄除を祈願します。


そしてこの日にいただくのが、「水無月」というお菓子。

京都に古くから伝わる風習です。

私は、十数年前に京都の友人に教えてもらいました。

それ以来、水無月が好きになりました。


水無月というお菓子は、

下半分の白い部分は外郎で、

暑気を払う氷室の氷を型取り、

上の小豆は、その赤い色が悪霊払いを意味するそうです。

モチモチの外郎と小豆の鹿の子が、甘くて美味しいですね〜


7月、梅雨後半は、

大雨が降ることが多いということですので、

用心したいですね。


湿度も気温も高く、体調を崩しそうです。

(私は先週、扁桃腺炎で高熱を出しました^^)

気をつけて、明日から元気で過ごしましょう!

あんGARDEN

犬とハーブと庭摘みの花。愛犬あんと一緒にボタニカルライフ。

0コメント

  • 1000 / 1000