自信のあるフラワーベースに、ささっと投げ入れ

日ごろおうちで花を生ける場合、オアシスを使うよりも、

やはり投げ入れで生けるという方が多いのでは。

私もオアシスを使うことはなく、

ほとんど投げ入れです。

投げ入れにする時に、

「これならぜったいかわいく生けられる!」という

自信のある”私”の定番のフラワーベースがあるといいですよね。

迷わないし、

失敗しないし、

カワイイし♡


毎月連載いただいているWebマガジン『GARDEN STORY』

今月は、

そんな”私”の定番のフラワーベースを3つご紹介しています。

ひとつは、

sghrの植木鉢の形をしたガラスのベース。

大きさがちょうどよく、

サイドテーブルにおいても邪魔にならない。

これなら、愛犬あんにも迷惑をかけません。

それに、それほどたくさんの花を豪華に生けなくても、

ベース自体がきれいなので、

数本のグリーンでもちょっと良い感じです。

少し口径が広いので、

生けるのが難しそう?と思うかもしれませんが、

小さな花も、大ぶりな花も、結構なんでも大丈夫。

器の対角を使って、

花を入れるようにいけます。

花首を器の淵に持たせかけるように。


今回は、秋明菊とアメジストセージを生けました。

秋明菊のクネクネ曲がった茎を生かして。

秋明菊のピンク色は、

本当に美しいですね。

なんともいえない上品なピンクです。

ピンクの中でも、私は秋明菊のピンクが一番好きです。


自信のあるフラワーベースがあると、

いつでも、どんな花でも投げ入れが楽しくなりますね。



ガーデン&ライフスタイルの専門webサイト『Garden Story』

で連載いただいています。

花と犬のBonne idée

ナチュラル可愛い花アレンジのアイディアと、愛犬あんとの健康で愉しい暮らしのアイディアあれこれ

0コメント

  • 1000 / 1000