6月30日夏越しにいただく「水無月」。季節限定の和菓子のすてきな風習。

6月30日には夏越しの祓のお菓子「水無月」をいただくことにしている。

三角形の、白と赤紫のツートンカラー。

甘い茹で小豆がつぶつぶ。美味しいんですよね〜

庭摘みの花とハーブと、愛犬黒柴”あん”とのボタニカルライフ。

フラワースタイリスト&ハーバルセラピストのあんGARDENです。


「水無月、食べはった?」

京都出身の友人に教えてもらった「水無月」というお菓子。

夏越しの祓にいただくお菓子だ。


ういろうの生地の上に小豆がのっている。

形は三角形。氷室の氷を見立てているそうで。

素朴ながら、涼やかで、美味しいお菓子。

小豆好きの私は、一年に一度のこのお菓子が待ち遠しい。


水無月とはどういうお菓子かというと、

一年を二つに分けていた時代に、

十二月の「年越し」に対して、半分の六月を「夏越し」といった。

暑さも厳しく病気もはやりやすい時期、

水無月という名前のお菓子を食べて厄を祓い、

残り半年の厄除け祈願をしたそうだ。


小豆の赤い色にとても重要な意味があって、

魔除けなど呪術的な力があると信じられていた。

赤は太陽、生命などを象徴する色。厄よけや、お祝い事に使われてきた。

日本では江戸時代になって、

おめでたいことがあった時に、小豆を炊き込んだお赤飯を食べる風習が広がっていった。


「水無月」は、私の中ではまだそれほど歴史が古くないので、

水無月=「夏来る」というところまで、

季節を感じる、というか、懐かしさ、みたいなものはない。

けれども「一年に一度のお菓子」「期間限定」というところに、

年中あるお菓子は違う特別感に、ぐっと引き寄せられる。


柏餅も、いちご大福も、桜餅も、

季節限定のお菓子。

日本は、四季のある国だから、

それぞれの地域に季節にあったそれぞれ独自のお菓子がある。

和菓子はすてきな文化だと思う。


私に「水無月」を教えてくれた友人は、

「あ〜水無月。夏が来るわね〜」と言っていた。

さすが京都は風流だな〜。

0コメント

  • 1000 / 1000