アレカヤシの葉を編んで愉しむ。

アレカヤシの葉を編む。

ガラスの器に巻いてバスケット風にしたり、ランチョンマットにしたり。

アイディアいろいろ。

南の島の昼下がり。木漏れ日の中、アレカヤシの葉を編む。

というイメージだったのですが、

日本の夏は暑いです💦💦

昼下がりは35度に迫る勢いです。


このアレカヤシを編むことを、

私はパリの花の学校で習いました。

もう25年ほど前のこと。

アレカヤシの葉を編んだアレンジは、

日本の生け花でも使われます。

他にもいろいろな編み方があるんですよ。

パリの花の学校の校長先生は、

生け花にも精通されていて、

アレカヤシの葉編みは、

そちらから影響を受けられたのかもしれません。


アレカヤシの葉を触っていると、

うとうと眠くなってしまいました。


余談ですが、

我が家の柴犬あん、

撮影に協力してもらおうと呼んだのに、部屋から出てきませんでした。

エアコンの効いた涼しい部屋で聞こえないふりです。

「熱中症になると困るから・・・」と思ったのかもしれません。

正解です。

アレカヤシに話を戻します。


編んだアレカヤシをガラスの器に巻きつけます。

バスケットのような感じに仕上がります。


ガラスの器に水を入れて、花を生けていきます。

数日経つと、

アレカヤシの葉はドライになり、

カサカサのバスケットになります。

関連の記事は、

ガーデン&ライフスタイルの専門webサイト『Garden Story』

こちらに掲載されています。


ぜひごらんください〜

0コメント

  • 1000 / 1000