For Dog ! 収穫した夏野菜でラタトゥイユ風に。あんの夏ごはん

夏野菜の収穫もそろそろ終わりです。

今年は、かぼちゃ、ピーマン、ミニトマトが採れました。

夏野菜の定番料理ラタトゥイユ。

野菜苦手な我が家の柴犬あんには、鶏肉入りラタトゥイユにします。

今年は7月の日照不足と長雨で、

家庭菜園の野菜は、しばらくパッとしなかったのですが、

梅雨明けからの猛暑で、太陽の恵みがバッチリ(過ぎかも?)で、

野菜はぐんぐん育ちました。

と言っても、

たいして広くない畑なので、収穫はちょっぴりです。

でも、収穫できたことは嬉しいです。


夏野菜の定番といえばラタトゥイユ。

切って、お鍋で煮込むだけ。

簡単で美味しいですよね。


我が家の柴犬女子、ちょっと野菜が苦手です。

テレビで、庭で採れたキュウリをポリポリ食べるわんちゃんを見ますが、

野菜好きでいいな〜といつも思います。

あんも、

ピーマンやキャベツ、かぼちゃなどよく食べる野菜もありますが、

食べる野菜は限られていて、

私としては、もっとバリバリ野菜好きになってほしいと思っています。


あんが野菜が苦手な原因は、

① もともとあんに限らず犬は、

野菜を消化することが苦手ということなので、本能的に野菜は控えている。

② ただ単に、肉食女子。

③ 子犬の時から、野菜をふんだんに食べてきていないから、喰わず嫌い。

何れにしても、だんだん慣れていけば、

食べられる野菜(野菜に限らず、いろいろな食材も)も増えていくかもしれません。

気長に少しずつ取り組んでいこうと思います。


ということで、

「野菜ばっかりのラタトゥイユはね・・・」という感じなので、

あんのラタトゥイユには鶏肉も入れて作ります。

絶対に入れてはいけないのは、玉ねぎです。

そして、塩などの味付けもしません。

あんは、同じものを続けて食べないので、

ひと工夫する必要があります。

余ったラタトゥイユは、

ごはんを入れてリゾット風にしたり、

焼いた魚を添えたりして使い回しをします。

やはり同じ食事だと飽きるんでしょうか〜

いっちょまえです。

あまり多く作らず、2回くらいで食べ終わるくらいの量にします。


わざわざ少量を作るのって面倒じゃない?って思われるかもしれないけれど、

人間のおかずを作る時に、

同じ材料、同じ工程で途中まで一緒に調理をすれば、

それほど面倒なことはありません。

犬用に取り分ける小さなお鍋が、1個必要なだけなんです。

犬のごはんということで、特別に難しいことはないのです。


関連の記事は、

ガーデン&ライフスタイルの専門webサイト『Garden Story』

こちらに掲載されています。

ぜひごらんください〜









0コメント

  • 1000 / 1000