白いカボチャをピンクにペイント。ミニバラと合わせてスイートなハロウィンアレンジ。

もうすぐハロウィン。

今年のカボチャは、ピンク色にペイントしてみませんか。

合わせる花は、スプレー咲きのピンクのバラ。スイートなハロウィンアレンジに仕上げましょう。

1. 白カボチャをピンクにペイント。

2. アニースローンのチョークペイントで。

3. スプレー咲きのミニバラで可愛らしく。


<1、白カボチャをピンクにペイント。>

ハロウィンになくてはならないアイテムのカボチャ。

オレンジ色が定番ですが、

ホワイトパンプキンも大人気です。

そのホワイトパンプキンは、ペイントすると、

また違うカボチャに変身!

お好みの色を塗って、いつもと違うカボチャを楽しみましょう!

私はピンクに塗ってみました。

<2、アニースローンのチョークペイント>

アニー・スローンの塗料は、

マットな質感と美しいビロードのようでありながら

光沢のないつや消しのように仕上がるのが特長です。

水性塗料なので扱いやすいのも嬉しいです。

建築材料の揮発性有機化合物の含有率が非常に低いということで、

ほとんど無臭という点も気に入っています。

愛犬のあんが側で見ていても、

刺激の強い臭いがないので安心です。


ピンクと白のツートンカラーにする場合は、

マスキングテープを使うときれいにできます。

<3、スプレー咲きのミニバラで可愛らしく。>

小さなアレンジには、

スプレー咲きのバラがオススメです。

ここで使っているのは、

少しニュアンスの違う二つのスプレーバラです。


‘スプラッシュセンセーション’

濃いピンク色で、

カップ咲きのギザギザの花びらが特徴です。

‘ファンシーローラ’

ピンク色がとても上品で優しい色合いです。


どちらも小さいながら、存在感のあるバラです。

バラをガラスの器にこんもりと生けて、

柳のトレイにカボチャと一緒にのせてアレンジしました。


関連の記事は、

ガーデン&ライフスタイルの専門webサイト『Garden Story』

こちらに掲載されています。

ぜひごらんください〜

花と犬と嬉しい暮らし あんGARDEN

気取らない花アレンジのアイディアと、愛犬あんとの健康で愉しい暮らしのアイディアのあれこれ。

0コメント

  • 1000 / 1000