100gのミニミニフライングリースは手軽に吊せます!

憧れのフライングリース!でも天井から吊るすことができない〜と思っていませんか?軽量、ミニミニサイズなら、マスキングテープでも大丈夫です。ぜひ今年のクリスマスは、フライングリースに!

1、フライングリースは憧れるけれど・・・

2、材料 なるべく軽量に

3、手順 

4、フライングリースを吊るそう

5、大人になった愛犬あん、ちょっと寂しい気も



<1、フライングリースは憧れるけれど・・・>


クリスマスシーズン、リース作りは毎年の楽しみという方も多いのではないでしょうか。

私も、花教室でリースを作っていますが、

今年はどんな感じにしようかな〜と楽しみにしています。

ここ数年、天井から吊るす「フライングリース」を多く見かけるようになりました。

たっぷりのグリーンを使った豪華なフライングリースは、

やはり憧れですよね〜

でも、天井から吊るすのって、ちょっと難しい・・・

実際、我が家でも、

吊るすところを探してみると、

ん・・・無い・・・

ぜったい無理・・・な感じです。

素敵なフライングリースは、

それなりの重さがあります。

しっかりとしたチェーンをつけて、

頑丈なところから吊るさないと、

朝起きてみたら、天井に穴が開いてリースが落ちていた、

なんてことになったら大変です。

そこで、

フライングリースを軽くしよう〜ということで、

ミニミニサイズのリースを作ることにしました。

軽ければ、マスキングテープで、

ちゃんと吊るすことができます。


<2、材料 なるべく軽量に>


なるべく軽量に仕上げたいので、

オーナメントも軽いものを選んでくださいね。

・直径10cmのワイヤー製のリング

・細いワイヤー(巻き付け用。麻紐でも良い。)

・吊るすための紐

・ヒムロスギ

・ローズマリー、フェンネルフラワーのシルバーリーフなど、なんでも。

 (なくてもOK)

・軽めのオーナメント

・幅10cmのマスキングテープ


<3、手順 愛犬あんも一緒に>


ベースになるワイヤー製リースに、

ヒムロスギを巻き付けるだけです。

はじめに、吊るすための紐を取り付けるのを忘れずに。

1、ワイヤー製リングに吊るすための紐を

  3箇所に取り付けておきます。

2、ヒムロスギを6〜7cmくらいにカットしておきます。

3、ワイヤー製のリングに、

  細いワイヤーでヒムロスギを巻きつけていきます。

4、一周巻きつけたら、

  アクセントに別のグリーンを差し込みます。

5、オーナメントを付けます。

6、吊るし用の紐を、マスキングテープで天井や梁など

  (吊せるところ)に貼ります。

  3回ほど重ねて貼ります。

マスキングテープは、

きれいに剥がせるかどうか試してから使用してくださいね。


<4、フライングリースを吊るす>


小さなフライングリースなので、

2つ作って吊るしました。

自作のヒンメリも並べて。

長さを変えたり、

他のアイテムと一緒に飾って楽しめます。


<5、大人になった愛犬あん、ちょっと寂しい気も>


我が家の愛犬あんも一緒にパチリ。

お昼寝中を起こしてしまったせいか、

あまり気乗りしない様子。

背中も丸く、とっても眠そうです。

作業していると、あんは、興味津々で見入っています。

子犬の頃だったら、

ヒムロスギや、オーナメントをくわえて、

ガジガジしてしまうので、目が離せませんでした。

もう少しで6歳になる今は、ただじっと見ているだけです。

「なぁに、これ?」と真剣な目で見ていますが、

いたずらはしません。

安心していられるのは嬉しいですが、

大人になってしまって、ちょっと寂しい気もします。

飼い主のわがままなんですけどね・・・

花と犬のBonne idée

ナチュラル可愛い花アレンジのアイディアと、愛犬あんとの健康で愉しい暮らしのアイディアあれこれ

0コメント

  • 1000 / 1000