春の朝、愛犬の冷たい鼻で起こされます。

春ですね〜

朝、明るくなるのが早くなってきました。

愛犬あんの散歩の時間も少しずつ早まっています。


いつもは朝寝坊のあんも、

早く起きるようになって、私は困っています💦


朝方、何やら視線を感じて目を開けると、

暗がりで、あんが私の顔をじっと見ています。


「うわ、もう起きてる・・・」


時計を見ると、まだ4時半ごろです。

この季節だとお散歩の出発目標時間は5時20分ごろ。

うっすら白んでくる頃に家を出発するのが、

私としてはちょうど良い感じです。


4時半ではまだ起きるのは早いのです。

もうちょっと、あと10分、15分寝ていたいと思います。


でも、あんは許してくれません。

どんどん近づいてきます。

ベッドに前足を乗せて、

寝ている私の顔をクンクン嗅ぎ始めます。

ときどき、鼻息をフンとかけます。


私は、もちろん気がついているけれど、

なんとか耐えて無視し、寝たふりをします。

あんも負けてはいません。

あんのひんやり冷たく湿った鼻を、

「ペチっ」っと、私の頬や鼻にくっつけてきます。

私は「うわ、つめたっ!」とびくっとすると、

あんもびくっと驚いている様子です。

でもその作戦で私が起きるのがわかると、

おもしろがって冷たい鼻をもっとくっつけてきます。


もうこうなると降参です。

私は仕方なく起きて、散歩に行く準備を始めます。

花と犬のBonne idée

ナチュラル可愛い花アレンジのアイディアと、愛犬あんとの健康で愉しい暮らしのアイディアあれこれ

0コメント

  • 1000 / 1000